VOGCCI

メイクアップ

戻る

濃すぎて失敗したメイクの修正方法.メイク方法.化粧.やり方.VOGCCI.ヴォグッチ

濃すぎて失敗したメイクの修正方法.メイク方法.化粧.やり方.VOGCCI.ヴォグッチ

—濃すぎて失敗したメイクの修正方法
あなたのメイクが濃くなりすぎて失敗したと思ったときは、慌ててメイクを落とさなくても大丈夫です。色を薄くしましょう。濃いメイクの直し方はブラシやパフ、スポンジ、あるいはメイクアップの上級者なら指先を使って、予想より濃すぎてしまったメイクの修正ができます。そのメイクテクニックとは?

01.Bace makeup
ファンデーションが厚すぎたときは、湿らせたファンデーションスポンジで落とします。そのあとパフとフェイスパウダーでおさえます。注意点はコットンは使わないことです。コットンを使って落とすこともできますが、コントロールが難しくなリます。ファンデーションがムラになったときは、スポンジを使いムラを直します。

濃すぎて失敗したメイクの修正方法.メイク方法.化粧.やり方.VOGCCI.ヴォグッチ

02.Foundation
ファンデーションが不自然でお面のように見えてしまったら、手のひらで暖めたモイスチャライザーか、水で手のひらを湿らせて、やさしく顔を押さえます。これでファンデーションのつきが自然に落ち着きます。水を入れたアトマイザーで顔にミストを軽く吹きかけてもファンデーションの色を薄めることができます。

03.Face Powder
フェイスパウダーをつけすぎたら、ボリュームのあるパウダーブラシで粉を払い落とします。ただ時間がたつと肌の油分が自然ににじみでて、ちょうど良いパウダー感になる場合も多いのです。また、ファンデーションの色味が白すぎたりピンクすぎて失敗したときは、イエローベースのパウダーをのせると落ち着きます。

濃すぎて失敗したメイクの修正方法.メイク方法.化粧.やり方.VOGCCI.ヴォグッチ

04.Eye shadow
アイシャドウが濃すぎたときは、ベロアパフにフェイスパウダーをとって、気になるまぶたをおさえます。あるいは清潔なボリュームあるブラシで、余分なアイシャドウの色をサッと払い落とします。他に指先またはブラシで肌になじませるのも効果があります。または綿棒で余分なアイシャドウの色をとります。

05.Cheek
チークの色が鮮やかすぎたり、チークが濃すぎて失敗したと感じたときは、上にニュートラルな色を重ねて調整します。またはフェイスパウダーをとったベロアパフで気になるチーク部分をおさえても自然に薄くなじませられます。顔についた余分なチークは、何もつけていないフェイスブラシで払い落としても修正できます。

濃すぎて失敗したメイクの修正方法.メイク方法.化粧.やり方.VOGCCI.ヴォグッチ

06.Eyebrow
眉の色がキツすぎたり、アイブロウメイクで眉が際立ちすぎたときは、ベロアパフに少量のフェイスパウダーを含ませて、あなたの眉をおさえてアイブロウメイクの色を控えめにします。または何もつけてないスクリューブラシで、余分についたアイブロウマスカラなどの色をブラシで軽く伸ばして調整します。

07.Eyeline
アイラインやアイペンシルが強すぎたときは、綿棒を使ってアイラインをやさしくぼかします。それでも濃すぎたと思う場合は、綿棒を水またはオイルフリーのリムーバーで湿らせてメイクアップをとります。リムーバーを使うときはノンオイルタイプを選びます。オイル配合タイプだと上から化粧直しができなくなります。

濃すぎて失敗したメイクの修正方法.メイク方法.化粧.やり方.VOGCCI.ヴォグッチ

06.Lip color
リップカラーをつけすぎたり濃すぎる仕上がりになって失敗したら、ティッシュで唇の上をおさえて口紅の色を軽くします。リップカラーがダークすぎたら、上にベージュかペールピンクを重ね塗りして色をやわらげます。反対にリップカラーが白っぽくてぼやけたときは、暗い紫またはブラックリップを混ぜて色調整します。

07.Lip design
リップスティックがマットになりすぎて違和感を感じたら、ティッシュで押さえるか、綿棒でリップスティックを落とします。そのあとリップバームをほのかに残ったリップカラーの上から塗ると、唇は美しいステインのように仕上がります。他にリップの色がキツすぎた場合はリップバームを上から塗って口紅の色を薄くします。