VOGCCI

アイメイク

戻る

アイメイク時のトラブル防止と対処法は?.アイシャドウ.アイライン.マスカラ.やり方.塗り方.引き方.VOGCCI.ヴォグッチ

アイメイク時のトラブル防止と対処法は?.アイシャドウ.アイライン.マスカラ.やり方.塗り方.引き方.VOGCCI.ヴォグッチ

‪─‬アイメイク時のトラブル防止と対処法は?
最初にアイメイクで多いのが目の下にアイシャドウの粉が落ちるトラブルです。アイシャドウが落ちるのを防ぐには、まぶたにアイシャドウをつける前に、アイシャドウブラシの余分なアイシャドウパウダーを軽く叩いて落とすことが大切です。あるいはアイシャドウブラシを軽く湿らせると、アイシャドウが落ちにくくなります。

01.Under / 目の下のトラブル
アイメイク中にアイシャドウが目の下に落ちても大丈夫なように、事前にフェイスパウダーやルースパウダーを目の下にフェイスブラシでたっぷりつけておきます。余分なアイシャドウが肌につかないようにできます。これならアイシャドウの粉が落ちても肌に密着せず、何もつけてないブラシでサッと払い落とせます。

アイメイク時のトラブル防止と対処法は?.アイシャドウ.アイライン.マスカラ.やり方.塗り方.引き方.VOGCCI.ヴォグッチ

02.Heavy / 濃すぎたトラブル
アイメイクが予想した濃さより仕上がりが濃過ぎたトラブルの場合、けっして指先でこすらないでください。アイメイクが濃すぎると感じたとき、衝動的に指で拭き取ろうとついしてしまうのは自然なことですが、かわりにパウダーパフでフェイスパウダーをとって、まぶたをおさえてアイシャドウの色を落ち着かせましょう。

03.Pencil / アイペンシルのトラブル
アイペンシルで、とくにまぶたの内側にアイラインを描くときは、アイペンシルの先を丸くしてから使いましょう。とがったアイペンシルの先は危険です。また発色が悪くて色が薄く描きずらいアイペンシルはすぐ変えた方がいいでしょう。無理な強い力で擦るように描くことになって、まぶたと肌が摩擦で傷つきます。

アイメイク時のトラブル防止と対処法は?.アイシャドウ.アイライン.マスカラ.やり方.塗り方.引き方.VOGCCI.ヴォグッチ

04.Curler / ビューラーのトラブル
ビューラーでまつ毛をカールするときは、必ずマスカラをつける前にカールすることです。まつ毛にマスカラをつけた後、乾いていないまつ毛をビューラーでカールしようとすると、まつ毛が傷つき、まつ毛が切れたり、抜けてしまうこともあります。マスカラ液をまつ毛につける前に、事前にビューラーをしましょう。

05.Mascara / マスカラのトラブル
マスカラをつけるときは、必ず柄を横に持って使います。マスカラの先端を目に直接向けないことです。マスカラがダマになったり塊ができてしまいますし、目にもとても危険です。また揺れる乗り物の中ではマスカラはつけないことです。不安定な振動で、あやまって顔の肌についた黒のマスカラは落とすのが大変です。

アイメイク時のトラブル防止と対処法は?.アイシャドウ.アイライン.マスカラ.やり方.塗り方.引き方.VOGCCI.ヴォグッチ

06.Liquid / リキッドのトラブル
リキッドアイライナーやジェルアイライナーなど一度描くと落ちないアイライナーは、失敗しないように事前にブラウンのアイペンシルで下書きをして、仕上がりのバランスを見ておきましょう。その上からリキッドライナーでなぞります。もしリキッドアイラインがガタガタしたら同じ色の黒のアイシャドウを重ねてぼかします。

07.Shadow / アイシャドウのトラブル
アイシャドウはラストに仕上げたい濃さよりも、最初は薄くつけるところからはじめるといいでしょう。色を取り除く作業の方が時間が掛かりますし、濃くつけ過ぎるとクレンジングで洗い落とすしてやり直すことにもなります。色の強弱などコントロールしながら、バランスを見て徐々に色を重ねて強めていきます。